家づくりのアレコレHow to make a house

長岡という地域ならではの家づくり

長岡ならではの家を
長岡の家は、暖房と給湯にたくさんのエネルギーを使う地域です。気密性や断熱性を高めることで冷暖房にかかるエネルギーを大きく削減できますし、ヒートポンプ型給湯器(エコキュート)を導入することで給湯にかかるエネルギーも大きく削減できます。
≫まずは土地選びから

地域ならではの家づくり

積雪に強い家づくり

積雪を考える家

当社の家づくりの工法は、在来工法。在来工法とは、高温多湿である日本の気候や風土に適しており、柱、梁、筋交い(柱と柱の間に斜めに入れる材)など、木の「軸」を組み立てて建物を支えることです。当社では、柱材は杉又は桧を使用しています。積雪による荷重耐性を強化するために建物の1階2階壁面には3尺(909mm)おきに柱を設置しています。

湿気に強い家づくり

湿気を考える家

当社では、基礎の強度を下げないために風窓を作らず、基礎を一体化し、床下に湿気をため込まないために、基礎と土台との間に強化プラスチック材を入れて、ボルトではさみ込み、床下全体に空気が流れるように施工しています。また、土台には、桧材を使用し、湿気による白アリの被害が出にくい木材を使用しています。

地震に強い家

地震を考える家

当社では、地盤調査は必ず行ない、住宅建設に最適かを調べ、補強が必要であれば地耐力が得られる地中まで地盤改良工事を行ない、その上で基礎工事を着工いたします。
地震による建物への負荷は、建物の重量に比例して増大します。そのため、屋根が重いと揺れはおおきくなります。当社では、屋根の軽量化として、屋根材(ガルバリウム鋼板)を採用しています。この屋根材は、さびに強いのも特徴です。


あなたのお住まいは大丈夫ですか?

地震に強い家にするために

木造住宅の耐震性の目安として住宅性能表示制度の耐震等級があります。大地震に耐えるには耐震等級2以上の耐震性が必要なのです。
しかし、昭和56年以前に建てられた住宅は耐震等級1以下。当時の建築基準をきちんと守り、どこにも傷みや劣化のない状態でも震度6以上には耐えられません。
また56年以降に建てられた住宅であっても、基準に合致して建てられているか検査機関がなかった為、定かではないのです。(平成17年の耐震偽装事件以前は基準が守られていない例が多い。)
よって56年以降に建てられた住宅であっても、痛みや劣化によって地震に耐えられるかをチェックすることは大切なことです。
そのために行政も耐震診断、改修に助成金を設け耐震化率をあげてゆくことを推し進めています。
なお地震の被害は地盤の強度や基礎の設計、接合部の強度等が大きく関係してきます。
これら様々な基準をクリアしたとしても倒壊しないとは言い切れないのです。あなたのお住まいは大丈夫ですか?

三協技建ではお住まいの耐震診断もお受けします

近年、様々な県・地域で大きな地震が発生し、多くの住宅に被害が出ています。
被害を受けなかったお家の方も、自分の家の耐震性は大丈夫なんだろうか?と不安になったまま放置している状態ではありませんか?
またいつどこで大きな地震がきてしまうかは私たちにもわかりません。
そんな災害に備えて、一度ご自身の住まいの状態を知っておこうと思いませんか?

人間も健康診断をし、病気の早期発見をします。
住宅も同じこと。不具合箇所を早期発見し、それらを知った上で上手に付き合って暮らしていく。
または改善する。 家の状態を知ると知らないとでは全然違います。

三協技建では住まいの健康診断・耐震診断をお受けしております。
詳しくはお気軽にお問い合わせください。